一般社団法人グランフォルティス沖縄オフィシャルホームページ

NEWS

2019.11.21

沖縄の子どもは体力・運動能力が低い?現代に潜む子どもたちの問題点。

先日、大学で講師を務めた後、体育の教員免許取得を
目指す学生たちとお話をする機会がありました。
そこで出たのが「なぜ沖縄の子どもは体力・運動能力が低いのか」という議論。


これまでも様々な指摘がされてきましたが、毎回議論のベースになるのは
スポーツ庁が小学5年生・中学2年生を対象に
毎年1回行っている「全国体力・運動能力・運動習慣等調査」の結果でしょう。

確かにこれを見ると、沖縄の子どもたちの8種目の平均はかなり低調です。
特に、サッカーに関係性の強い走力のテストであるシャトルランや
50メートル走、反復横跳び、持久系の種目は全国でも下位
に沈んでいます。
一方で、ボールを投げる種目のみ、全国トップレベルという不思議。

「沖縄のサッカー選手は身体能力が高い」と県外の
サッカー関係者から言われますが、スポーツテストの結果だけ見ると、
本当なのか?と思ってしまいます。


昔、ある大学の教授が「沖縄の子どもはスポーツテストの日は
適当にやる傾向にあり、本気でやればもっと良い結果が出る」

と言っていましたが……これは結構、一利あるなと(笑)。

さらに懸念されているのが、スポーツができる子とできない子の二極化です。
沖縄県の場合、小5、中2男女ともに、
スポーツを全くしない子どもの割合が全国平均より高い。
しかし、スポーツを長時間行っている子どもの割合が多いのも沖縄県の特徴です。

動かない子は動かないし、動いている子はずっと動いている。

全国的にも二極化の傾向はありますが、県内はそのスピードが早い印象を受けます。

そんな問題に対し、沖縄県は近年
小学校に体育専門の指導者を配置するなど、様々な取り組みが行われております。


話は冒頭に戻り、大学生と話をした「沖縄県の子どもの体力・運動能力が低い」問題。

その答えは「そもそも、小学生になって急にスポーツができなくなるわけではない」
というのが、私の回答でした。

キーワードは「現代の小学3・4年生は25年前の5歳児の運動発達段階」ということ。

次回、「沖縄の子どもたちはどこへ行く」最終章です。

【無料体験レッスンお問い合わせ先】
電話:070-5536-3467
MAIL:granfortis@gmail.com
HP:http://granfortis-okinawa.com

▶2020,4,1

グランフォルティス沖縄アカデミー【小学生・中学生】新規加入選手 大募集!


この度新規加入選手の募集を開始いたします..


▶2020,3,31

2019年度 グランフォルティス沖縄アカデミーの卒団式が開催されました!


グランフォルティス沖縄アカデミーでは2019年度の卒団式が行われました..


▶2020,2,29

【重要】新型コロナウイルス対策によるスクール活動自粛のお知らせ


現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大..


▶2020,2,29

【ジュニアユース】
EACカップ U-13優勝!


2月24日に開催された「EACカップ U-13」に..


▶2020,2,27

親子の絆で糸満白銀ライオンズカップ優勝!


本大会は小学校3年生以下の親子フットサル交流大会..


▶2020,2,26

【フォトギャラリー】2020年サッカースクール交流戦


2020年サッカースクール交流戦、子どもたちの勇姿を..


▶2020,2,26

スクール生のワールドカップ!2020サッカースクール交流戦が開催!


スクール生が日頃の成果を表現する場である..


▶2020,2,13

【大儀見浩介氏講習会】自分と向き合うセルフコントロール実践法!


去る2月8日。大儀見浩介氏をスペシャル講師としてお招き..


▶2020,1,29

【スペシャルイベント】大儀見浩介氏 メンタルトレーニング講座開催!


大儀見浩介氏を特別講師としてお招きしメンタルトレーニング..