一般社団法人グランフォルティス沖縄オフィシャルホームページ

NEWS

2018.2.5

沖縄初の試みとなったスポーツイングリッシュ!2期生もラスト!



2年目に突入したスポーツイングリッシュも、今月でラスト。

- - -

2015/10/17
与那原町スポーツイングリッシュ事業選定書交付式が行われました。

去る10月15日に与那原町役場で行われました「スポーツイングリッシュモデル事業選定書交付式」。「スポーツイングリッシュ」とは?↓↓↓2015/09/22スポーツイングリッシュプロジェクトがスタートしました!この度、グランフォルティス沖縄では与那原町教育委員会、リタジャパン株式会社と共同となる「スポーツイン…

- - -

グランフォルティス沖縄と与那原町教育委員会のコラボ事業の2期生は、与那原JVCという女子バレーボールのチーム14名と、サッカーのイレブン与那原6名、合計20名で構成されていました。
昨年4月からバレーボールとサッカーを英語で行い、さらには小学5・6年生が英検5級の合格を目指してきましたが、あとは合格発表を残すのみ。







このようなプロジェクトの場合、どうしても合格するかどうか、という「結果」にフォーカスされます。
「結果」はもちろん大切ですが、やはり私たちが伝えたいのは英語の面白さや可能性と多様性。

英語という武器(ツール)を持つと視野が一気に広がる。世界はそんなに遠くない。

そして、英語なんかよりよっぽど大切なのは、実は「人としての力」だったりする。



英語なんて全然重要ではない。難しい文法や、流暢な発音はいらない。
ある米国企業のコールセンターはインドにあるが、
たった1か月でオペレーターの訛を完璧に矯正できる時代だ。

世界へ出るための壁が「英語」にならないこと。

そのためにグランフォルティス沖縄は英語を伝える。

英語学習について、面白い実験があります。
「英語の学習を始めたばかりの中学生の脳の活動量を調べると、
成績の良い生徒ほど活動量は多い。
一方、同じ中学生でも、小学1年生から英語に触れている生徒は脳の活動量が低い」





英語に慣れ、能力が向上すれば、脳の余分な領域を使わなくてもパッと答えが出るようになる。
これはネイティブが英語を使うときの脳活動と似ているという。

サッカーでいう「ベテラン選手」と一緒ですね。戦術メモリーの蓄積によって、
知識・経験を総動員して、考えなくてもすぐに適切な答えにたどり着く。

スポーツイングリッシュで少しでも英語に慣れ、
脳の活動量を高め、中学生になったら余裕をもってほしい。
そして少しでも早く習熟した状態になり、「英語を使って自分の夢を叶えるの、当然でしょ」となってほしい。





大切なのは英語でコミュニケーションがとれることではなく、
英語で「何か」をすること。

そのためのスポーツイングリッシュ。
残りの時間も楽しんでいきましょう。


▶2020,4,1

グランフォルティス沖縄アカデミー【小学生・中学生】新規加入選手 大募集!


この度新規加入選手の募集を開始いたします..


▶2020,3,31

2019年度 グランフォルティス沖縄アカデミーの卒団式が開催されました!


グランフォルティス沖縄アカデミーでは2019年度の卒団式が行われました..


▶2020,2,29

【重要】新型コロナウイルス対策によるスクール活動自粛のお知らせ


現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大..


▶2020,2,29

【ジュニアユース】
EACカップ U-13優勝!


2月24日に開催された「EACカップ U-13」に..


▶2020,2,27

親子の絆で糸満白銀ライオンズカップ優勝!


本大会は小学校3年生以下の親子フットサル交流大会..


▶2020,2,26

【フォトギャラリー】2020年サッカースクール交流戦


2020年サッカースクール交流戦、子どもたちの勇姿を..


▶2020,2,26

スクール生のワールドカップ!2020サッカースクール交流戦が開催!


スクール生が日頃の成果を表現する場である..


▶2020,2,13

【大儀見浩介氏講習会】自分と向き合うセルフコントロール実践法!


去る2月8日。大儀見浩介氏をスペシャル講師としてお招き..


▶2020,1,29

【スペシャルイベント】大儀見浩介氏 メンタルトレーニング講座開催!


大儀見浩介氏を特別講師としてお招きしメンタルトレーニング..